誰のためのホームページか!?読者ターゲットを決めよう

広告収入を得たいならターゲットを絞ってアクセス数を増やすべき

自分が発信したいことを書くスタイルのホームページではなく、読者が読みたいものを書いてアクセス数を増やし、広告収入を得るというスタイルのホームページを運営したい場合、具体的にどのような読者を想定するのかはっきり決めましょう。漠然と記事を書いても、なかなか読者は集まってこないものです。
では、どのような読者層に向けて記事を書くのがいいのでしょうか。一番簡単なのは、自分と年代が同じで、興味が一緒という層をターゲットにすることです。というのは、たとえば二十代の男性が四十代の女性向けのホームページを作るという風に、違う年代の人向けの記事を書くことは非常に大変だからです。取材が必要になってきて、それだけでも時間を取られます。

初心者向けのページを充実させよう

自分と同じ年代の人、同じ興味を持っている人をターゲットにすれば、どんな風に書くと読みやすいのか、どんなテーマだと興味を持つのかというのが、特別な取材をしなくてもだいたいわかるので、その分、楽ですし、記事をたくさん書くことも可能です。
ただ、趣味について書く場合は、必ず初心者にわかりやすいように書きましょう。自分が今、とても詳しいからといって、すべての記事をそのレベルで書いてしまうと初心者にはわかりにくいホームページになってしまうからです。そうすると、読者を多く集めることはできません。
初心者向けの記事を充実させ、初心者が気軽に購入できる金額の道具を紹介し、アフィリエイト広告をページに貼れば、広告収入が期待できます。