プログラミングで動きを入れよう!Java Scriptやってみよう

ホームページに動きを出せるJava Script

ホームページを作るとき、Java Scriptを入れると動きを出すことができて訪問者の目を楽しませたり、ホームページの使い勝手を向上させることができます。
たとえば、最近よく使われるものとして、ブラウザを強制スクロールさせるものが挙げられます。ホームページの右下あたりに上を向いた矢印を表示させておき、訪問者がページにアクセスしてコンテンツを読み、一番下まできたところで矢印を押すと、マウスを利用しなくても自動的にページの一番上まで戻るようになっています。
また、訪問者がページにログインする際、形が崩れた文字を表示し、それと同じものフォームに入力しないとログインできないようにするという機能も、最近のホームページによく見られますが、これもJava Scriptを利用したものです。

導入は簡単だが使いすぎるのはよくない

では、ホームページにJava Scriptを導入するにはどうすればいいのでしょうか。Java Scriptの書き方を覚えて一から作るという方法もありますが、初心者は既に存在しているJava Scriptをネット上の素材サイトからダウンロードし、ホームページに組み込む方が簡単です。必要なファイルをサーバーにアップロードして、ホームページ内にソースを貼りつけるだけで基本的には動作します。
Java Scriptを使うときに注意しなければならないのは、入れすぎないようにするということです。Java Scriptをたくさん使うと、見た目的にも機能的にも非常に豪華なホームページを作れるので、ついついたくさん導入したくなりますが、そうするとページの読み込みが非常に遅くなってしまい、使い勝手がかえって悪くなってしまうからです。

HP作成を手軽な値段で行ってくれる会社が最近増えています。品質の高いHPも手軽な値段で作られるようになってきました。