ざっくり作ろう!CSSのラクラク作り方。

CLASSとIDを理解しよう!

CSSは、ホームページ制作に欠かせないプログラミング言語のひとつです。ホームページのデザインを主に司っている言語です。CSSをマスターすると、ホームページをオシャレにしたり、華やかにしたりできます。

CSSを操るには、まず、CSSの文法を理解するのが大切です。そのさいに、要になるのがCLASSセレクタとIDセレクタです。フォントの大きさや色を指定したり、余白の広さを指定したり、テーブルのデザインを指定したりするときに、これらのセレクタの中に指定する内容を記述します。つまり、セレクタは指定内容の入れ物です。また、セレクタ内の情報は、HTMLとCSS側とで、セレクタ名が一致することで関連付けられます。ちなみに、CLASSセレクタとIDセレクタには、前者がHTML内で何度でも使えるセレクタであり、後者は一か所でしか使えないという違いがあります。

CLASSとIDの記述方法を理解しよう!

CLASSセレクタとIDセレクタの記述方法は同じです。ここでは、CLASSセレクタの記述方法を中心に解説します。まず、適当な名前を決めます。例えば、ホームページ上の見出しを赤色の太字にしたい場合を考えます。赤色の太字ですから、.akafutoとしたとします。「.」は、実際に指定する際には、CLASSセレクタを意味しています。IDセレクタでは、「#」を使います。そして、フォントの色を指示するプロパティは、colorです。太字は、font-weightです。また、赤色はred。太字はboldと書きます。すると、次のとおりになります。.akafuto{color:red;font-weight:bold;} プロパティの後には、「:」を書き、続けてredと書きます。青ならblue、黄色ならyellowです。そして、記述し終えたら、「;」を書いて、閉じます。記述内容全体は、{}で囲みます。

ホームページ作成の見積もりをお願いしたい時には、事前に専門性の高い業者の過去の事例に目を向けることがおすすめです。